So-net無料ブログ作成
...
_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
...

PS3 ソフト レ・ビュー 「アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス」 [ソフト レ・ビュー]

c59ddbc6.jpg

・Game Developers Choice Awards 2010
・Spike TV VGAs Game of the Year 2009
・AIAS Overall Game of the Year 2009
・Destructoid Game of the Year 2009
・GameSpot Readers' Choice Game of the Year 2009
・IGN Game of the Year 2009
・Kotaku Games of the Year 2009

受賞歴は数知れず、脅威の高評価を受けた前作 「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」
あれから2年、最新作はこの高すぎるハードルを越えられたのか?
プレイした人間しか分からない 「アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス」 の魅力とは?

.



怒涛のピンチと興奮は、徹底的なこだわりによって作られる。

U3_0911 (1).jpg



最初から最後までとめどなく続く 「映画的表現」

「PLAYする映画」 と言われているシリーズでも
本当に映画的表現だったシーンはこれまでの作品に多くありませんでした

しかし、今作では最初から最後まで本当の映画的表現が続きます
それを実現してくれるのが開発元 「Naughty Dog」 の開発力
だからこそ、ずっと続く大ピンチ、それをことごとく切り抜けるネイトさん
プレイヤーはハラハラしっぱなしです

砂漠の砂の表現や、荒れ狂う海の波の表現全ての表現をリアルタイムで物理演算
クリア後に見れる特典映像で開発者が語る 「こだわり」 に驚かされるハズです



u3ship-600x336.jpg
銃とか撃ってる場合じゃないよね



細かい見えるもの全てに対しての徹底的な追及っぷり

特典映像で語られる細かいところへの徹底的なこだわり
例えば、船が大きく揺れればネイトさんも敵キャラもバランスを崩して倒れそうになる

どんな時も同じフォームで走るなんてあり得ない、そんな当たり前の事を表現するこだわり
疲れたり痛かったりでヘトヘトのネイトさんは、壁に手をついたり今にも倒れそうだったり
例えば、誰も気づかなくても冷蔵庫があれば当然コンセントも壁に繋がっていたり
こまかーい所を徹底的に追求した結果、プレイヤーが世界に没頭することが出来るんです



111011uncharted3.jpg
靴が砂に埋まっていくのがスゴいリアル




魅力あるキャラクターとストーリー

今作ではみんな大好きサリーの出番が激増です、千葉繁大活躍です
エレナさんもクロエさんも格段にお美しくなられています
しかし今作では敵キャラがイイ、女ボスのマーロウとNo.2のタルボット、コイツは悪いねぇ

ストーリーもアクション映画の王道のように、先の展開が気になる面白いものになっています
CMに出てきたハリソン・フォードの 「インディ・ジョーンズ」 のようなストーリー展開



Uncharted3_KatherineMarlow.jpg
この顔は悪いでぇ



シューターと謎解きパズルに関して

シューター部分は当たり判定に少し納得できなかったですが、アップデートで改善されるでしょう
シューターとして見れば、アップデート後に期待したい所です
しかし敵AIは基本的に頭がよく、難易度上級では本気で殺しに来られ苦労しました
ステージも隠れ場所や敵出現場所がよく考えられて配置されているので、飽きる事は無いでしょう

謎解きパズルは難易度がほど良く、煩わしく感じません
ロケーションやストーリーと違和感が無いパズルなので、冒険のワクワク感そのままに挑めます
ここもインディ・ジョーンズ的な面白さが入ってきています



unchartedshoot-600x337.jpg
難易度が高いとボッコボコにされる



所々気になる欠点

システム上仕方がないのですが、「酔いやすい」 「思う通りジャンプしてくれない
この二つの欠点は少し気になる、シリーズ通しての欠点と言えるでしょう

敵AIが時々バカ」 時々敵が隠れもしないで突っ立っていたりする
シューター部分の欠点」 当たり判定とエイムの遅延による狙いにくさ
この二つの欠点に関しては、アップデートによる改善に期待です

前作と物語の構成が似ている」 物語の中身は違っていても、構成が似ていて真新しさがない
これは基本的には欠点とは言えないんでしょうが、少し気になったところです



img2282_03.jpg
でもそんなこと言ってられない怒涛の展開



クリア後の最初の感想は 「もっとやりたかった」

8時間25分でのクリア、ゲームのプレイ時間としては平均的なプレイ時間
しかし、僕が一気にやりきったこともあるんでしょうが、短く感じました
もっといろんなロケーションが見てみたい、そう強く感たからなんでしょう
Vita版、そして「アンチャーテッド4」と続いていくであろう続編に早くも期待してしまいます



-------------------------



今まで 「水の表現がうんたら~」 「光の表現がかんたら~」 とか言ってましたが
これからはそんな次元で物を言う時代では無いんです
「全ての表現がスゴい」そういう時代です

スゴさも、面白さも兼ね備えた作品
今年は本当に格が違うタイトルが多い、もちろんこれもその一つ
「この冒険はすべてのエンタテインメントを超えていく。」 というフレーズに嘘はありません
細かなディティールに徹底的にこだわった結果が、これだけの傑作を生むのです

いろんな人にね、見習ってほしいよね






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。