So-net無料ブログ作成
検索選択
...
_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
...

PS3ソフト レ・ビュー 「PixelJunk サイドスクローラー」 [ソフト レ・ビュー]

pixeljunk_logo.jpg

最近、面白いPSN配信タイトルが多い
でもやっぱり、PSN配信タイトルと言えば 「PixelJunkシリーズ」
今回も、期待を裏切らない面白いタイトルを出してきました
難易度はNORMALでクリア、一応これは言っとかんとね

.





初心者こそ楽しめる、個性的な王道 横シュー

8tnu0100000lxjkr.jpg


横シューを挫折した人にこそピッタリな横シュー

敵の攻撃を食らうと 「DENGER状態」 になり、そこからもう一度攻撃食らうとドカーン
「DENGER状態」からはステージ上に配置されているに入ると回復する
さらにチェックポイント制だったり、初心者でも簡単には死なないシステムになっています
横シュー初心者を挫折に追い込む 「弾幕」 も大いにありますが
サイドスクローラーなら横シュー初心者でも 「弾幕避け」 の快感を味わうことが出来るはず
横シューに挫折した人こそプレイして欲しい横シューです



pjss08.jpg
避けることが出来るという快感!



3種類の武器

連射の鬼 「マシンガン」、一撃の美学 「レーザー」、爆撃の快感 「ボム
この3種類の武器を状況に応じて使い分けるのがこのゲームの基本になります
ここで肝心になるのが 「ボム」、真正面に飛ばずに上下の壁に向かって飛んでいく特殊な弾道
壁から出てくる砲台を倒す最適な武器ですが、これだけではクリアすることは不可能
「いかに 「ボム」 を上手に使えるかがカギになってくるなぁ」 と僕は思いました
そう思いながらも、僕はボムを上手く使いきれないままにクリア、だからこそ僕は苦戦したのです



pjss05.jpg
まるでスウェーデンのゲーセンにありそうなビジュアル



横シューの王道を行きながらも、PixelJunkらしさが個性を出す

武器強化アイテムや、敵の配置、巨大ボスなどなど横シューの王道を行っていますが
前作 「SHOOTER」 から多くの要素を引き継いでいることが、この作品の個性になっています
例えば流体シュミレーションによる仕掛け
上から流れ落ちてくる溶岩は怖すぎるし、オアシスである水には群がっちゃう
また、独特なビジュアルとサウンドもこの作品の個性に繋がっています
昔のブラウン管を意識したビジュアルに、前作同様の製作陣を迎えていたり
PixelJunkらしいカッコよさも、他の横シューには無い独特の個性になっています



Sidescroller Music Advert by Dom Beken
見事にオサレサウンド



初心者でも大丈夫だからこそ盛り上がる2人プレイ

「友達とやろうとしても難易度高すぎたら友達がついてこれずに盛り上がらない」
そんなことには、サイドスクローラーはなりません
一発で死なないからこそ、かばい合ったりギリギリの共同戦線が張れたりする楽しさ
2人プレイでの楽しさは鉄板です



pjss07.jpg
一撃の美学を追求する僕はもちろんレーザー一辺倒



真新しさが無いなのが欠点か

個性があると言っても真新しさはありません、前作「SHOOTER」をプレイ済みだと特に
横シューをある程度プレイしてきた人にとっては、既視感から満足できないかもしれない
しかし、横シュー初心者にとってはとても楽しめる作品だと断言できます
もちろん、横シュー経験者の人も楽しめるであろう中身は備わっているのですが



pjss11.jpg



これが1,000円 安いね
PSN配信タイトルは安いってのがいい、これ重要
まだまだローカライズされていない面白そうな海外PSNタイトルも多く控えています
SCEJは早急にローカライズ作業を進めていただきたい所存です

しかし、日本からPSN配信タイトルは一向に増えない
最近ではSEGAから多く出てくるも、「デイトナ」など過去作が出てくるのみ
ここはビジネスチャンスじゃないのか! ここに目を付ける日本人社長は現れないのか!
僕、起業しちゃうよ!








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。