So-net無料ブログ作成
検索選択
...
_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
...

気になって仕方ない ~2012年 発売タイトル~ [気になって仕方ない]

night-of-the-werehogpiccopy-300x270.jpg
来年もどうかよろしくお願いします

いやー、気になるねぇ
来年発売のタイトル

.



2012年、スタートはPS Vitaタイトルが集中しています


1月26日発売 「テイルズ オブ イノセンスR」
2月2日発売 「ラグナロク オデッセイ
2月9日発売 「墨鬼 SUMIONI」
2月16日発売 「極限脱出ADV 善人シボウデス」
2月23日発売 「NINJA GAIDEN Σ PLUS」
3月15日発売 「FIFA ワールドクラス サッカー」

この5本のVita サードタイトル
個人的にこのなかで一番の期待をしているのが 「墨鬼 SUMIONI





両面タッチパネルを上手く使っているタイトルとして以前から注目されていました
少し 「大神」 っぽくもありますが、どれだけ個性があるんでしょうか






そして、2012年序盤に発売される PS Vita ファーストタイトル

1月19日発売 「WipEout 2048」
2月9日発売 「GRAVITY DAZE なんたら」
2月23日発売 「リアリティーファイター」
3月8日発売 「Unit 13」


一番期待しているのは、もちろん 「GRAVITY DAZE なんたら」 でありますが
ここはあえて 「Unit 13」 を取りあげたいと思います





Vitaでは初めてとなる本格シューター、アナログスティック搭載のおかげです
海外において、Vita 成功に必要不可欠である本格シュータータイトルの存在
単純な面白さも注目ですが、海外での売上も注目です
また、日本公式サイトでは 「新ミッション毎日配信!」という無茶な謳い文句が
これは毎日頑張っちゃうかもしれない・・・






そして、2012年内に発売を予定している Vitaタイトル

2012年春 「Dragon's Crown」
2012年春 「機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY」
2012年春 「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」
2012年内 「イース セルセタの樹海」
2012年内 「ゾーン オブ エンダーズ HD エディション」
2012年内 「タイムトラベラーズ」

ここで注目したいタイトルは二本

まずは 「イース セルセタの樹海





まだ最新作「7」と、PSP版の「1・2」しかしていないシリーズ初心者
でも、既に最新作を心待ちにしてしまっている僕です
密かに、Vitaで予定されているタイトルの中でも最大級の期待をしているタイトルだったりします
「Ys」 ちょっとヤクルトスワローズとも読めちゃうんだし!





続いて 「タイムトラベラーズ





レベルファイブのVita参入第一弾タイトルになるであろうこのタイトル
ヘッドハンティングした イシイジロウ氏 によるサウンドのベルタイトルです
何故僕がこのタイトルに注目しているのか・・・、それは売上です
Vita,3DS,PSPのマルチ展開のタイトル、そしてレベルファイブ作品、イシイジロウ監修
この3つの要素がどれほど売り上げに関わってくるのか
最近ガンダム関連でボッコボコの日野社長、このタイトルも成功に導けるのかどうか
注目です






そして、発売日未定でも恐らく2012年無い発売されるだろうタイトル群

Escape Plan(仮題)
MALICIOUS(仮題)
LUMINES Electronic Symphony
RUIN
モーターストームRC
リトルビッグプラネット(仮題)
王と魔王と7人の姫君たち 〜新・王様物語〜
サウンドシェイプ(仮題)

ファースト・サードタイトルひっくるめて、ここから僕が注目したいタイトルは三本
まずは 「モーターストーム RC





前作 「3」 は残念ながら日本で発売されなかったので、久しぶりのモーターストーム
SCEタイトルのなかでもメチャクチャさが売りの馬鹿ゲーシリーズですが
最新作は Vita と PS3 で乱戦可能なラジコンレース
なんと、PS3版 Vita版 どちらかを一つを購入すれば、両方のゲーム機で遊べるお手軽仕様
これは買いです





そして 「サウンドシェイプ (仮題)





「プレイ×クリエイト×シェア」の精神を受け継いだ最新作は、まさかの音ゲー
しかも、ただの音ゲーでは無く、アクションゲームの要素も多く含んだタイトルです
昔から奇妙な音ゲーを多数作っていた印象のあるSCEですが、このタイトルも奇妙な音ゲー
気の赴くままに作曲すれば、それがいつの間にかアクションステージになる奇妙な感覚
これは気になりますねぇ





そして 「リトルビッグプラネット (仮題)





Vitaにもやってくる、あのカワイさ
PS3版のコスチュームを全て移行可能など、かゆいところにも手が届く仕様
当然 PSP版にはなかった複数人プレイもクリエイトステージのシェアも搭載
完全なる 「リトルビッグプラネット」 の登場です
両面タッチパネル、両面カメラ、ジャイロ などVitaの持ちうる機能をフル活用し
ステージプレイやステージクリエイトを快適にかつ新しい楽しさを実現してくれています
これは実質 「リトルビッグプラネット 3」 と言っていいんじゃないでしょうか
このブログでの GOTY 2011 に輝いた 「LBP 2」 に続き、GOTYを獲得できるレベルのタイトル
だと、思うよ






さぁ、ここからは PS3タイトルを気にして行っちゃいましょう

1月26日発売 「アーマードコア V」
2月2日発売 「ソウルキャリバーV」
2月2日発売 「ネバーデッド」
2月16日発売 「バイナリー ドメイン
2月23日発売 「ASURA’S WRATH」
3月1日発売 「ワンピース 海賊無双」
3月15日発売 「SSX」
3月22日発売 「NINJA GAIDEN 3」

3月までに発売されるPS3注目タイトル
個人的にここでのイチオシ注目タイトルは二本


まずは 「ASURA’S WRATH





カプコンとサイバーコネクトツーの合作であるこの作品
サイバーコネクトツーらしいアニメ調のビジュアルと、アクションゲームの雄カプコン
このタッグから生まれるタイトルに、注目はおのずと集まりました
海外に負けている日本のゲームと言えど、得意のジャンルでは負けない実力を持っています
このタイトルで、日本ゲームの復権を果たして欲しい、そんな期待まで持たせてくれるタイトル
それだけに、このタイトルが濃ければ、本格的に二本のゲームは終わったと思われてしまう
頑張れ!アスラズラース!





続いて 「ワンピース海賊無双





無双 と ワンピース
売れるにおいが充満しています、売れるにおいしかしない
果たして、どれほど売れるのか
中身云々ではなく、売り上げが気になるタイトル
ちょっとこれ、かなり売れちゃうんじゃないの?






そして、2012年内発売のPS3タイトル

2012年春発売 「マックス・ペイン3」
2012年春発売 「魔女と百騎兵」
2012年発売 「Dead or Alive 5」
2012年発売 「LOLLIPOP CHAINSAW」
2012年発売 「TOKYO JUNGLE」
2012年発売 「スターホーク」
2012年発売 「バイオハザード オペレーションラクーンシティ」
2012年発売 「ヒットマン アブソリューション」
2012年発売 「ドラゴンズ ドグマ」

ここでの個人的イチオシ注目タイトルは二本

まずは 「TOKYO JUNGLE





この延期、これは迷走の末の延期
そんな雰囲気が漂う、SCEJ得意の奇ゲー 「TOKYO JUNGLE」
はたして無事に着地することができるのか、まだ中身はフワフワしてるんじゃないのか・・・?
2012年、本当に発売されるのか? 中止だけはやめてね!





次に 「ヒットマン アブソリューション





「スクウェアエニックス エクストリームエッジ」 なるスクエニ独自の洋ゲーブランド
前作 「デウス エクス」 の成功から、がぜん注目を浴びる 「ヒットマン アブソリューション
スクエニが買収したスタジオ 「アイドス」 による制作、スクエニはホントいい買い物したね






そして最後に、発売日は未定でも恐らく2012年内に発売されるだろうPS3タイトル

Bioshock Infinite
DmC Devil May Cry
Sorcery (仮題)
ファイナルファンタジーX HD(仮題)
第2次スーパーロボット大戦OG
ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII
ファイナルファンタジーXIV
メタルギア ライジング リベンジェンス
人喰いの大鷲トリコ
ラスト レムナント
仁王


ちょっと、最後の6タイトルは本当に2012年に発売されるのか心配です
でもね、「ラスレム」も「仁王」も公式に中止と言わないんだから可能性がゼロになったわけじゃない

本題に戻って、ここでの個人的イチオシ注目タイトルは4本

まずは「Bioshock Infinite





あ!おっぱい大きい!
Vita版のプロジェクトも進行する 「Bioshockシリーズ」 最新作もやっぱり奇妙
空中都市で何が繰り広げられるのか、このおっぱいちゃんは誰なのか
主人公は何故ここにたどり着き、何故戦いに巻き込まれ、どう物語は終わるのか・・・
全てが謎のこのゲーム、注目すべきでしょう





続いて 「ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII





何度も同じことを言っている、来年こそは・・・
飛空挺の復活、超美麗グラフィック、KHのようなアクション、ワクワクが止まらないワードの数々
いつの間にか 「ファイナルファンタジーXIII」 は二本出て、アギトは「零式」と名を変え発売
残るは 「ヴェルサス」 ホント来年こそは・・・
てか、来年はスクエニ第一開発部パーティーやらないの?





最後に 「人喰いの大鷲トリコ





「ICO/ワンダ HDリマスター」 発売や、上田文人SCEJ退社騒動などありましたが
鋭意開発中の 「人喰いの大鷲トリコ」
こちらもです、来年こそは・・・
どちらかと言えばICO寄り、でも大鷲の大きさがワンダっぽくもある
チームICOの集大成となるのでしょうか
上田文人さんの今後の動向も気になる所ではありますが、早くプレイしたい気持ちが強いです







ここで名前を挙げたタイトル以外にも、多くの名前がファミ通などの発売予定表には載ってます
それに加え、どんどん新しい名前が増えていくことになるでしょう
豊作と言われた2011年以上に、2012年が盛り上がることを期待します








nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 2

リッパー

自分はドラゴンズドグマに期待しております
日本がやらないジャンルに挑んできたカプコンには
これからもぜひ頑張って欲しいです

ヴェルサスはそろそろ詳細もだしてくるだろうし
E3あたりでどうなるか良くも悪くも楽しみです
正直マルチでも独占でもどっちでもいいので早くだしてほしいですね
by リッパー (2011-12-31 10:05) 

Jamiron

>リッパーさん
ドラゴンズドグマには、洋ゲーのなかに和ゲーの良さを取り入れた最高のゲームになるかもしれない期待がありますね。こういうのはdpんどん他のパブリッシャも積極的に頑張ってほしいです。

ヴェルサスはどうなんでしょう。
今年のE3で発表となれば、発売は来年ですかね?
by Jamiron (2012-01-03 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。