So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
...
_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
...

Activision は「クラッシュバンディクー ブッとび3段もり!」が何故売れたか分かっているのだろうか [雑記]

IMG_0285.JPG
今回はクラッシュ過激派による主張をお送りします

海外ではとにかく売れた「クラッシュバンディクー ブッとび3段もり!」
何故売れたのか、それはオリジナル版が Naughty Dog 製だからです

.



噂では、Activisionは2019年にクラッシュバンディクーの新作を発売し
加え2022年までの5年間に渡る、クラッシュに関する計画を持っているとの事

噂ね、U・WA・SA

確かに2017年に発売した「クラッシュバンディクーブッとび3段もり!」
イギリスでは週間販売本数ランキングで7度も首位を獲得するほど
とにかく売れたドでかいコンテンツなのです
だからこそActivisionが、これに続けと続編を投入するのも理解はできる

しかし、です

このリマスターのオリジナルはNaughty Dog が作ったもの
これからActivisionが作る続編はNaughty Dogが作るものではないでしょう
キャラクターは同じでも、中身は全くの別物



27380410310_0b8f74c0ea_h.jpg
我々のクラッシュは断じてこんな顔ではない



リマスター以前に発売されたクラッシュシリーズは
2008年にPS2などで発売された「Crash: Mind over Mutant」
製作は Radical Entertainment 発売元は Activision
PS2版のメタスコアは 73 ユーザースコアは 6.4
ただの微妙ゲー、初代PS時代の看板ヒーローが落ちぶれていたのです

そんな落ちぶれたヒーローを救ったのは過去の栄光
Naughty Dog 時代の栄光を再びこの世に生まれ変わらせ
世界にクラッシュバンディクーの名を再び轟かせたのです
Activision の首輪をさせられたままに…



vriAo.jpg
本当の悪はコルテックスでもエヌジンでもない、Activision なのだ



悪の帝王Activision の思うがまま、クラッシュは再び暗黒の道を進まなければならないのか…
クラッシュの栄光は全て Naughty Dog が作ったと言っても過言ではないという事を
Activision は理解していない、いや、理解した上でクラッシュを使い捨てる気なのかも…

とにかく、我々、これからのクラッシュを憂う会、一同は
クラッシュバンディクーのゲーム化権利をSonyの手に戻し
世界最高峰のゲーム製作スタジオ Naughty Dog の手で最新作が作られること
ただそれだけを、切望し、声を枯らし主張したい
そうしない限り、我々はクラッシュ作品の非買運動を大規模に展開する
駅前で拡声器を使い大声を撒き散らして主張したい、Activision は悪の枢軸だ、と



cb.png
リマスターしたからって、本当の意味で帰って来た訳じゃあないんだよ



以上、クラッシュ過激派による主張をお送りしました

しかし、アンチャーテッド4に、初代クラッシュが一部収録されていたとき
これは本当に Naughty Dog にクラッシュが帰って来た!と思ったんですが
この噂が本当なら、最低でも2022年までは帰ってこないのですね
ハァ…悲しいなぁ…






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。